胃腸科
外 科

肛門科
内 科

 

院長紹介

診療案内

検査案内

医療情報

リンク

アクセスマップ

お問い合わせ


106-0047
東京都港区南麻布5-10-2
第二佐野ビル4F

TEL 03-5791-3424 / FAX 03-5791-3425
診療時間 平日/ 9301200 15301730休診日/金曜日
 e-mail : kijima_clinic@iris.ocn.ne.jp  ■サイトマップ HOME


医療情報

 

肛門からの出血,下血


 体からの出血はどこからにせよ非常に危険な症状です。胃腸から出血した血液は時間の経過にしたがってその形態が変わります。したがって自覚症状と血液の状態である程度原因を推測することが出来ます。肛門あるいはごく近い部分からの出血は鮮血といって真っ赤で流動性があります。消化管の中に出血して半日くらいたつと墨のような真っ黒いものに変わります。タール便とかコーヒー残渣様と呼ばれます。そのほか便の表面に筋を引くような血液がついている場合もあります。基本的に大腸の出血は赤い場合が多いです。胃あるいは十二指腸の出血はタール便になります。下血の原因は頻度からすると痔が多いですが自己判断は危険です。必ず胃腸科の医師の診察を受けてください。もうひとつ、毎日の食事の最終結末はご自分の目で確認してから流しましょう。重要なサインが見逃されているかも知れません。