胃腸科
外 科

肛門科
内 科

 

院長紹介

診療案内

検査案内

医療情報

リンク

アクセスマップ

お問い合わせ


106-0047
東京都港区南麻布5-10-2
第二佐野ビル4F

TEL 03-5791-3424 / FAX 03-5791-3425
診療時間 平日/ 9301200 15301730休診日/金曜日
 e-mail : kijima_clinic@iris.ocn.ne.jp  ■サイトマップ HOME


医療情報

 

ピロリ菌について


【どうしてピロリ菌は恐いのか】

 胃癌を引き起こしている可能性が高いからです。胃癌は萎縮性胃炎という変化を母地にして発生します。この胃炎は今まで、老化現象とされてきましたがピロリ菌との関連性が高いことが分かってきました。つまり胃の前癌状態を作るのがピロリ菌ではないかと考えられるようになったのです。さらにMALTリンパ腫という肉腫がピロリ菌と因果関係があることが分かっています。

【癌のほかにどんな悪いことをするか】
 
 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因となるほか潰瘍の再発率を高めます。これはピロリ菌が潰瘍修復の組織を不良なものにしてしまうためで、軽いストレスでも潰瘍を作りやすい状態になるのです。そのほか胃に良性のポリープを作ることがあります。

【どんな細菌なのか。年齢と保有率。水洗トイレ】

 強い酸性の環境にある胃に細菌が生存、繁殖することはあり得ないとつい最近まで信じられていました。1982年オーストラリアで初めてピロリ菌が同定され発見者自ら培養液を飲んで急性胃炎が発生することを発表しました。この菌はウレアーゼという酵素を分泌してアルカリのアンモニアで酸を中和しながら胃粘膜に棲みついています。日本人のピロリ菌保有率は年齢で大きく異なります。60歳以上で8割陽性であるのに比べ30歳以下では約2割に激減しています。これは衛生環境の改善、主として水洗トイレの普及が進んだためと考えられています。

【退治法は。再感染しないのか】

 抗生物質を1週間連続的に服用して除菌します。大人の胃は一度除菌してしまえば再び菌が胃に入っても一過性の感染は起こしますが再び棲みついてしまうことはありません。一方、子供の胃はそのようなピロリ菌に対する抵抗性がないので着いてしまいます。ピロリ菌の感染は子供の時に完成すると考えられています。
およそ10人に1人が耐性ピロリ菌を持っています。現在この菌の除菌法は確立していません。耐性菌の除菌は現在研究が進んでいますが今のところ定期的な検査で経過を見守っていくことで対応しています。

【自分がピロリ陽性だったら家族も検査したほうが良いか】

 今の生活環境から考えて必要はありません。胃の症状があるときは検査すべきです。

【若返る胃。除菌したら症状が悪くなる】

 除菌後しばらくして胃を観察すると萎縮性胃炎が改善することがよく見られます。慢性的な胃の症状が取れておなかがすっきりしたとか、しつこかった口臭が消えたといわれることもあります。健康な胃粘膜が復活していると考えられます。
 いっぽう除菌後、胃潰瘍ができたり胸焼けの悪化することが時々あります。これは一見矛盾することなのですが、もともと胃酸過多の胃がピロリ菌による胃炎で酸の分泌を抑制されていた場合、除菌をすると炎症がとれて本来の胃に戻り胃酸過多が強くなるためです。この場合は酸のコントロールが必要です。除菌しても引き続き薬の世話になる場合があるということです。ピロリ菌の悪行の数々を避けられることを考えれば分の悪い取引ではないと思います。